今になってみれば、なんで決して・・といった、思うのですが、「詩人」になりたいと思っていました。創作メモを抱えて、ちょっとの合間にも、何か書いていました。
ハイスクールから、学生になってからも・・だ。学生の時には、「詩作」の同好会に入り、「同人誌」を出していました。
そこにレコーディングされた「詩」にあたって、合評会をしましたね。思い出せば思い出深いことばかりだ。
社会に出る前の、猶予の時でしたね。現実に通じる・ということを未だに理解していなかったですね。父母がかりで、甘やかされていた時でしたね。
自分で生活するようになってからは、そんな倦怠はなく、ファンタジーのように、そんなこともあったわねぇ~と、懐かしく思い返すばかりです。
しかし今でも「文学好み」だ。深く感じる空間はないので、お手軽ミステリーなどを、楽しんでいます。
しばし時間に空間ができたら、強くライフに関して考えてみよう・・また「詩」など作ってみよう・・は、思うのですが、未だ日々のやりくりに振り回されるばかりです。男性向けダイエットエステを体験して