ユニバーシティ時代に、やっと恋愛をしました。ふつうのお客様なら小学校とか中学校がするような、典型的な片思い。ユニバーシティ二年生がするにはいくらなんでも遅すぎるって自分でも自覚していました。指図学習で、おんなじ勉学に行き、おんなじ種別の個々になったパパ学徒のことを好きになったのでした。ひと月距離の長い指図学習時、あまり通常、午前予め真夜中まで一緒に過ごしました。お互いの講話の所作、役割種別の子供たちのことを長期間言い出し、気が付いたら関係ないことも長期間チャットするようになっていました。教師にかけていたくせに内向的だったボクは、男児というこれ程長期間しゃべったのはそれがいよいよで、あんな他愛もない理由で好きになってしまったのでした。指図学習が終わり、普通のユニバーシティ家計が始まり、あんまり述べることがない常々に戻ってしまってからも、ボクはやっと機会を作って喋れないかなあというばっかり考えていました。構内でばったりあって、なんとなくお喋りができた日光は舞い上がるように嬉しかったのを今でも覚えています。http://www.serrasanbruno.net/